ビーズ、スパンコールの 付いた洋服のクリーニング を断られてしまった。

ココロモなら、デリケート素材もお受けいたします。

装飾品がついたお洋服も、その特性を見極め、適したクリーニングメニューで対応することが可能です。
熱による変形や破損を防ぐため、専用保護カバーや専用ネットの使用や、スイング洗い、自然乾燥に近い温度での乾燥などにより、装飾品へのダメージをなくします。また、顔料を用いた装飾品の着色の場合、ウェットクリーニングにより色の消失がないように対応します。

衣類の取扱い絵表示で、 ×がついている。

ココロモなら、 お洋服の特性を見極め、ベストなお手入れをします。

クリーニング絵表示で、ドライ・水洗いが×の場合は、クリーニングすることでお洋服に何らかの影響を及ぼします。
そうしたお洋服の場合、ココロモでは「特殊洗浄」をおすすめしています。クリーニングの資格を持つプロが、お洋服の特性を見極めベストなお手入れを行います。

黒いコートが 白っぽくなってきた。

ココロモなら、色が冴えるお手入れをします。

黒のコートが白くなったのは、白化現象のせいかもしれません。これは、着用中の摩耗により毛羽立ちが発生し、生地表面の光の反射が変化し、繊維内部の染料が行き渡っていない白い部分が露出するなどして、白く見える現象のことです。
ココロモのクリーニングは、繊維1本1本にシリコーン剤配合の加工剤を使用しています。着用中の摩擦などにより、繊維が裂けることで起きる毛羽立ちや弱くなっている染色の脱落を軽減し、繊維にハリとしなやかさを与え、色が冴えるように努めています。

1 / 11