• 色移り 洗濯で色が染まった トラブル

    毎日のお洗濯で、ついうっかりやってしまった!というトラブルから「色移り」をご紹介します。

    「赤い服を一緒に洗ったら、白い服に色が移ってピンクに!大事な服がもう着られないかも・・・」そんな経験ありませんか?

     

    お洗濯あるある”色移り”

    お客様からいただくお問い合わせに「色移り(移染)してしまったのですが、どうにかならないでしょうか?」というお困りごとがあります。

    色移り(移染)とは「洗濯で一緒に洗った服の色が落ちてしまい、他の服に色が移り、染まってしまった」ことを言います。
    色移りは”染まってしまった”ので、残念ながらご家庭では元に戻すことができません。

     

    色移りの事例

    事例の一つ目は、白いブラウスに赤い色が移ってしまった方のご紹介です。

    お問い合わせはお電話でしたので、品物の状況を全部把握しきれたわけではないのですが、お話を聞いている限り、ある程度キレイにすることができそう、と判断し、送っていただくことになりました。

    お素材、移染の状況など考慮して、熟練の技術者がお手入れしました。
    結果は、移染をキレイに取ることができ、白さがよみがえりました!

     

    もうお一人は白黒の柄シャツにからし色が色移りしてしまった事例です。
    ご主人のシャツにお嬢さんの服の色が移ってしまった、というご家庭でのトラブルです。

    この方はすぐにシャツをお送りくださいました。
    だいたい一週間ほどお預かりして、お届けすると、

    「キレイにしてくださりありがとうございます!」と喜びを実感されているお礼のメッセージをいただきました♪

    喜んでいただけて、私たちも嬉しいです

     

     

    色移りは”復元技術”

     

    色移りは、シミ抜きや汚れとは違い「復元技術」と言う特殊な技術が必要です。

    色が染まってしまった部分を丁寧に手作業で取り除いていきます。
    特殊な洗剤に漬け込むときもあるし、筆を使いながら少しずつ落としていくこともあります。
    また熱を加えたり、細心の注意をはらい、丁寧に落としていきます。

    どうやって元の状態に戻するか。その判断は、熟練の技術者の知識と経験に寄るところが大きいです。
    復元技術は特殊な技術なので、どこのクリーニング屋さんでもできる、というものではないかもしれません。

    状態によっては復元技術でも落とすのが難しいものもありますが、今回のようにキレイに落ちるものもあります。

    ダメにしちゃった…とあきらめる前に、一度、お問い合わせください。

     

                                        宅配クリーニング ココロモ

    2018/09/13