• 白い服 夏服のクリーニング しまい洗い

    9月です!秋の始まりですね。毎朝見ているテレビ番組のアナウンサーも、秋らしい色に装いが変わってきました。
    夏に大活躍してくれた白いレースやノースリーブ、淡い色の麻は、9月になると季節外れな気がして着にくくなります。

    夏服は着なくなった服から順番にお手入れを始め、10月下旬ごろには終わらせるのがキレイに着続けるコツです。

     

    しまうときに気をつけたいのが汗

    汗はやっかいな汚れです。

    キレイに服を着続けるのに、一番気をつかうのが汗のケア。

    汗は黄ばみの原因になるからです。

    シーズンの始めを思い出してください。

    いざ着ようと思って出してみたら黄ばんでる!洗濯してからしまったはずなのにどうして?
    ・・・そんな経験、ありますよね。

    黄ばみは洗濯では落ちないので、あきらめてしまった方も多いかもしれません。

    黄ばませないためには、しっかりと汗を落としてからしまうことがとても大切です。

     

    季節の終わりはウエットクリーニングで汗対応!黄ばませない!


    汗は色々な成分が含まれていますが、中でも注意したいのが皮脂です。
    皮脂の汚れは、洗濯ではどうしても落とし切ることができない汚れです。

    夏の間、家庭洗濯した服も、季節の終わりは、プロのウエットクリーニングでリセットするのがおすすめです。

    プロのウェットクリーニングは水分の汚れと、油分(皮脂)の汚れの両方を落とすことができます。

    汗の汚れをキレイに取り除けば、黄ばみはおきません。

     

     

    「ウエット処理」認定店のクリーニング店なら安心

     

    ただウェットクリーニングは高い技術が必要です。
    高い技術があるかどうかは「ウエット処理」認定店かどうかで確認できます。

    普段利用されているクリーニング店が「ウエット処理」認定店なら安心しですね♪

    夏に活躍してくれたお洋服には感謝の気持ちを込めてお手入れして、次のシーズンも、新しい服に袖を通すようなワクワクした気持ちでスタートしたいですね。

    ココロモは「ウエット処理」認定店です。
    ココロモではお品物の状態を見極めて、
    デリケートなブラウスは「やさしく洗う」、汗をかいたパンツは「しっかり洗う」、黄ばみが出ていたら「漂白効果で対応」などの技術を使い分けて、その服に最適なお手入れをしています。

                                 宅配クリーニング ココロモ

    2018/09/07