• 家庭洗濯 ジャケット クリーニングとどう違うの?

      ウォッシャブルな服を家庭洗濯するとき、いつも清水の舞台から飛び降りるような気持で洗う 宅配クリーニング ココロモ 代表 薄井です。

     

    今日ご紹介するのは、家庭でお洗濯されたジャケットです。

    お客様からは「家で洗濯したけれど、キレイに着れない・・」とのことでお預かりしました。

     

     

     

     

    今は家庭洗いOKなものが多いので、あまり意識せずにお洗濯しているかもしれません。

    でも冬のジャケットを家庭洗濯してしまうと、キレイに着られないことがあります。

    それは、冬服は水に弱いウールが使われていることと、肩もしっかりしていて立体的に作られているモノが多いからです。

    最近は水に強いウールもありますが、何度も洗っているうちに風合いが変わったり、型崩れ、ちぢみをおこすことがあります。

     

    after

    お水を使ってお洗濯されたジャケットは、シャンプーしただけの髪の毛のようにツヤがなく、

    ギシギシした肌触りになることがあります。

    ココロモでは、リンスと同じ効果のある加工剤を使い、できるだけツヤを戻しました

    ココロモは洗浄液だけでなく、加工剤にもこだわり、良質なものを厳選して使用しています。

     

    縫製や前の合わせ部分も丁寧にプレスをして、シワをできるだけ伸ばしました。

    肩からお袖、背中も丁寧にシルエットを整え、もちろん裏地もキレイにアイロンをあてています。

     

    before

     

     

     

     

    この絵は「家庭洗濯はできません!」という意味です。

    お洗濯に迷ったら、服の裏についている洗濯表示を確認してください。

    この絵があったらクリーニングする必要のあるお洋服です。

     

     

     

     

    こちらは「水洗いOK」という意味の絵です。

    最近は多くの服にこのマークが付いています。

    お店でも「お家で洗えますよ!」と言って販売されているので、絵表示を確認されずにお洗濯される方も多いかもしれませんね。

     

     

     

     

    ココロモでは、汚れがきれいになる。ということと、キレイに着る。ということは同じ意味ではない・・と考えています。

    キレイに着るって「気持ちよく着る」とか「自信を持って着る」そして「自分らしく着る」ということだと思うんです。

    この服を着るとウキウキする!人と会いたくなる!ぜひ、そんな気持ちでおしゃれを楽しんでいただけたら嬉しいです♪

     

     

    クリーニングのエキスパートがあなたを輝かせる1着に、宅配クリーニングでお手入れいたします。
    「大切な服を失敗したくない!」「ダメにされたらどうしよう・・・」「いつもシミが落ちてない!」クリーニングというとそんなイメージを持つ方も多いと聞きます。
    ココロモは、横浜を中心に13店のお店をもつ ファッションケア ニックが母体です。
    「買ったときのみたいに戻った!」「大切な服が長く着られる」「あきらめていた服がまた着られる!」そんな喜びの声をいただきます。
    実店舗だけのとき、ぜひお手入れをして欲しいと、わざわざ遠くから送っていただくお客様が後を絶たなかったため、
    クリーニングにお悩みを持つ方のお役に立ちたい一心で、宅配クリーニングを始めました。
    https://www.cocoromo-cleaning.com/sp/

    2019/02/25