• パンツ 汗 清潔にはくコツ!

    ひときわ暑い日が続く今年の夏。毎日たくさんの汗をかきますね。
    クールビズでスーツを着ない夏もすっかり定着し、カジュアルな服装でお仕事される方も増えました。
    とはいえ、身だしなみを整えることはビジネスパーソンにとって、とても重要なこと。
    今回はパンツを清潔にはくコツ!がテーマです。

     

    クリーニング習慣があっても汗は・・

     


    ビジネスパーソンはパンツを定期的にクリーニングされる方が多いです。
    ただ、ドライクリーニングのみで過ごしてしまうと、だんだんと生地がゴワついてきます。

    これは、ドライクリーニングたけでは、汗を落としきれないからです。
    ドライクリーニングが落とす汚れは、排気ガスやファンデーションなどの油汚れ。
    汗のような水溶性の汚れを落とすのは苦手です。

    ドライクリーニングだけをしていると、繊維の中に汗の汚れが蓄積され、硬くなります。
    気になるパンツがあったら、腿のあたりと裾の方を触ってみてください。
    腿の方が裾よりも固くごわつく・・、と感じたら、それは汗が固まってきたサインです。

    次のクリーニングでは、ウエットクリーニングすることをおすすめします。
    ウエットクリーニングは汗などの水溶性の汚れを良く落としてくれるので
    ゴワつきがなくなり、しなやかさが戻ります。

    はいたときの感触も「軽くなった」と感じる方が多いようです。

     

    家庭洗濯だけでも汗は・・

     

    夏は頻繁に洗えるウォッシャブルが人気です。
    洗いざらしでもシワにならず、シルエットが整うパンツもあるようですね。
    でもチノパのような綿素材のパンツを、ビジネスシーンで履く場合にはアイロンが必要です。
    シワはアイロンをかけると伸びますが、複雑なデザインのパンツをキレイに仕上げるには技術が必要です。
    一度間違ってアイロンをあててしまうと、へんなところにシワが深く入ってしまい、伸ばすのが大変です。
    縫い目や生地の厚い部分はテカりが出てしまうので、丁寧にアイロンをあてましょう。

    家庭洗濯では落としきれない汚れに、汗に含まれる皮脂の汚れがあります。

    落しきれなかった皮脂の汚れは繊維の中に残り蓄積します。

    生地に残った皮脂の汚れは、黄ばみを発生させます。
    白っぽいパンツが、洗濯しても白さがもどらない・・・と感じたら、黄ばみが発生しているのかもしれません。
    黄ばみは漂白で取れますが、素材や染色によって使える漂白の種類が違うので注意が必要です。
    漂白は難しいから、といつもの洗濯だけを続けていると、段々と黄ばみが進行し、茶色っぽくなってきます。
    できるだけ早く、クリーニング店で漂白してもらいましょう。

    漂白は、ウエットクリーニングで行いますので、スッキリして清潔感がよみがえります。
    漂白はできるクリーニング店とできないクリーニング店とがあるようです。ご利用の際、店頭で確認してみてくださいね。

     

    良さをおぎなって清潔にキレイにはく!

     

    クリーニングの習慣があっても、ドライのみのクリーニングだと汗は落しきれず蓄積されてしまいます。
    家庭洗いは、素材によってアイロンが大変だったり、落ち切らなかった皮脂汚れが黄ばみを発生させたりします。
    夏は特に、汗対策が必要です。
    普段のお手入れをベースにしながら、時々(3回に1回が目安)ウエットクリーニングしておくと、いつも清潔でキレイにパンツをはき続けることができます。

     

     

    ココロモは汗対応がスタンダードです。
    お品物の状態を見て、ウエットクリーニングが必要なもの、漂白が必要なもの、それぞれの服に最適なお手入れをいたします。
    白が得意なココロモです!
    白っぽい服が増える夏こそ、いつも清潔に、パリッとした姿で過ごしたいものですね!

                                    宅配クリーニング ココロモ

    2018/08/09