• ダウンジャケット 洗わずにしまっていませんか?

    だいぶ涼しくなってきて冬のお洋服が気になり始める時期になりました。
    ココロモでお預かりする品物では最近、ダウンジャケットが増えてきました。
    冬が気になりだしてクローゼットを確認したら、うっかり洗わずに置き去りになっていたダウンを発見!なんてことはないでしょうか?


    春は年度が替わったり、新生活スタートなど忙しい時期なので、ついついうっかりしがちです。
    そして、よく見ると襟まわりが少し色が濃くなっているような・・・これは首周りの汗や皮脂の汚れです。
    女性だったらファンデーションで白っぽくなっていたりと、着用中に気付かなかった汚れが目立っていたりします。
    そしてなんとなくふっくら感がなくなって少し重くなったような・・・

     

    ダウンジャケット

     

    ダウンのクリーニングならリピート率90%以上の「宅配クリーニング ココロモ」にお任せください。

     

    ココロモのダウンクリーニング

    1.経験からの技術と知識


    リアル店舗で培った長年の経験と技術で高級ダウン・ブランドダウンも安心してお任せください。
    昨年のお預かりブランドのランキングでは
    1位:モンクレール
    2位:デュベティカ
    3位:カナダグース
    4位:タトラス
    5位:水沢ダウン
    という結果でした。
    このようなダウンも、そのブランドの特徴を熟知したベテラン技術者が検品から仕上げまで、1点1点そのお品物に最も適した方法でお手入れいたします。

     

     

    2.洗いのこだわり


    水鳥の羽の油分を守るため、水洗いにこだわっています。
    水洗いで落ちにくい油汚れは熟練した職人が手作業で汚れを落とします。
    肌に触れることが多い襟や袖は汗、皮脂、女性ならファンデーションや口紅、髪の毛の油など、どちらかと言うと水洗いでは落ちにくい汚れです。
    これらの汚れを落とすにはドライクリーニングを行うのが簡単なのですが、ココロモではあえて水洗いにこだわっています。
    まわりの生地の汚れだけ考えればドライクリーニングでも良いのですが、中のダウンのことを考えるとドライクリーニングはしたくありません。
    ダウンの水鳥の羽の元々の油分を洗い流さずにクリーニングしたいからです。
    ココロモでの油性の汚れの対処方法は、その汚れに適した洗剤を部分的に塗布し、1点1点職人の手洗いで手間をかけて汚れを落としています。
    ダウンを着るととても暖かいので、汗をかいてしまうこともある位です。重いと感じたらダウンが汗などの湿気を吸収している可能性があります。
    その湿気を洗い流すのにも水洗いが一番適しています。

     

     

    3.乾燥


    乾燥方法でダウンのふっくら感に差が出ます。
    長年の経験からあみ出した固まったダウンの解し方と乾燥方法によって、ふっくらとボリュームのある仕上がりを作ることができます。
    品物によって乾燥速度が違うため、乾燥温度や乾燥時間をコントロールするのが腕の見せ所です。

     

     

    キレイになって軽くなったダウンはとても気持ちのいいものです。
    本格的に寒くなる前にダウンのお手入れをしっかりして本番の冬に備えましょう!

    宅配クリーニング ココロモ

    2018/10/18