• カーディガン 汗 黄ばみ

    夏は室内や電車のクーラーが効き過ぎることがあるので、寒いときにはおるカーディガンが手放せません。
    オフィス勤務ならいつでも着られるようにと、ロッカーに準備されている方も多いと思います。
    夏に活躍するカーディガンですが、洗うタイミングがわからない!ということはありませんか?

     

    カーディガンも汗を吸収している

     

    寒さを感じてカーディガンをはおっても、またすぐに暑くなるので、ちょうど良い温度で過ごすのは案外難しいものです。
    脱いだカーディガンを腕に掛けて持ち歩くことも多いですね。うっかり腕にかけたまま満員電車に乗ってしまい、カーディガンが混雑の中で押しつぶされる!なんてこともあります。
    寒さを感じたときに着るカーディガンですが、実は汗を吸収しています。

     

    気づかぬうちに清潔感を失っている

     

    寒いときに着るカーディガンは、一日着ているわけではないので、数日着用することが多いようです。
    最初に袖を通してから何日が過ぎているでしょうか。実は、思っている以上に着ています。
    黄ばみは2週間で始まると言われます。白っぽい色が多い夏のカーディガンは、特に黄ばみが色の発色に影響を与えています。
    急激に色が変わるわけではないので、自分では色の変化に気付きにくいのですが、黄ばみが発生していると清潔感が失われます。

     

    洗うタイミング

     

    はじめに袖を通してから10日ぐらいで洗うのが目安です。
    家庭で洗濯できるものなら、押し洗いし、丁寧に干します。
    干すときはシワを伸ばして、カタチには細心の注意をはらい、キレイに整えます。
    ただ、手洗いだけでは汗に含まれる皮脂は落しきれません。黄ばみの原因は繊維に残った皮脂の汚れです。
    汗の汚れをしっかり取り除き、黄ばみのないキレイな色で着たい、と思ったらプロによるウエットクリーニングがおすすめです。
    普段ご利用のクリーニング店でウエットクリーニングができるか確認してみてください。
    高い技術のいるウエットクリーニングですが「ウエット処理認定店」であれば信頼できます。

    そろそろ秋めいてきた8月後半。
    寒いときにちょっとはおるカーディガンはまだまだ活躍しそうです。
    これから着用頻度が高まる今、一度にリセットしておきませんか?
    キレイに色が戻り、清潔に着られます!

     

     

    夏場のカーディガン、ココロモはウエットクリーニングがスタンダードです。
    もちろん「ウエット処理認定店」に指定されています。安心してお任せください。


    宅配クリーニング ココロモ

    2018/08/22