セーター 毛玉ケア

  • ビフォー
  • アフター
  • 毛玉があるとくすんで見えたり、汚れているように見えてしまいます。
    特にご要望があったわけではないのですが、キレイにしてあげたいお品物でした。
  • 毛玉がキレイに取れると、新調感が戻りまます!
    セーターがキリリっとして、美しいさがよみがえりました。

毛玉は手作業で取っていきます。
手間のかかる工程ですので他にはないサービスではないでしょうか。
キレイになったお洋服でまたおしゃれを楽しいんでいただきたい。その一心で心をこめて行っております。

パンツ 座りじわ

  • ビフォー
  • アフター
  • パンツの座りじわが深く入ったお品物。
    しわがいつも決まった場所にできるので、数回はいて、しわが気なり始めたらお手入れのタイミングです。
  • 洗浄後、しっかりプレスをすることで座りじわがなくなりました。
    ネル生地で起毛したパンツですので、プレスを強く当ててしまうと生地がペシャンコになり、テカリや当たりが出でしまいます。
    しわをしっかり伸ばしつつ、生地はふっくら仕上げる。目利きと技術が求められます。

座りじわはいつも同じ場所にできます。
あまり長い間お手入れせずにいると、生地にクセが付いてしまい、いくらプレスをしても伸びなしわになるので注意が必要です。
しはは凸凹部分、それぞれに摩擦によるダメージで繊維がキズつき、白く浮いて見えます。
しみや汚れがなくても、しわが気になり始めたらお手入れするタイミングです。

ビーズのカーディガン

  • ビフォー
  • アフター
  • 美しいビーズが装飾されたカーディガン。
    ビーズが外れてしまったり、ダメにされてしまうことを心配されておられました。
  • ビーズには細心の注意を払い、美しい状態でお仕上げいたしました。
    光に反射した輝きにくもりがないのは、きちんと洗浄し洗剤などの残留がないからです。

ビーズやビジューはおしゃれポイントです。一つでも欠けたり、ダメになってしまったら、もう着られないかもしれませ。
お手入れは良い状態を保ち、長く心地よく着るためにすること。
技術者は良く理解して、細心の注意を払いながらお手入れいたしております。

チュールのスカート

  • ビフォー
  • アフター
  • 全体に小花の刺繍がされた繊細なチュールです。
    シックでデリケートなスカートを大切にお召のお客様です。
  • チュールは細心の注意を払い丁寧にお手入れいたしました。
    小花の刺繍は立体感を出るようお仕上げいたしました。
    裏地もシワのないようプレスをし、美しいシルエットをよみがえらせました。

チュールのスカートは女性らしさを演出してくれます。大人の女性こそ楽しんでいただきたいアイテム。
大人が着るときには、清潔感とシルエットがきちんとしていることがポイント。
プロのお手入れを上手に使って楽しんで欲しいアイテムです。

ジャケットのお仕上げ

  • ビフォー
  • アフター
  • 冬のジャケットの衣替えでお預かりしたジャケットです。
    キレイにお召になられていて、特に目立った汚れはありませんでした。
  • 起毛した繊維のジャケットですので、中から蒸気をあててふっくらのお仕上げいたしました。
    上からアイロンをあててしまうのと繊維がつぶれ、光沢がなくなったり、テカってしまいます。

一番目の行く前立ては、手仕上げでしっかりと美しくカタチを作るのがポイントです。
全体のシルエットがバランスよく整うと新調感がよみがえります。

紺のジャケット 

  • ビフォー
  • アフター
  • しっかりとしたウールのジャケットです。
    カジュアルですが、おしゃれな品のあるジャケットです。
    頻度高くお召になられていたようで、少しくったりしていました。
  • ジャケットの表面についた汚れ、襟回りのファンデーションや汗汚れは繊維の中からしっかり洗浄しました。
    お仕上げはふっくらと、最後にブラッシングを行い、ツヤと光沢を出しました。
    毛玉はもちろん、リント(ほこり)も丁寧に取り除いています。

冬の間、一度お手入れすると、長くキレイに着られます。
春の衣替えまで着続けてしまうと、汚れが繊維の奥に入り込み、定着して落ちない汚れの原因となります。
ウールは復元力がありますが、長く着てしまうと、しわが取れなくり、くったりしてしまいます。
大切な服こそ、季節の間のお手入れがおすすめです。

1 / 212