ダウン 汗汚れ

  • ビフォー
  • アフター
  • フードに汗の汚れが蓄積していたダウン。
    高級クリーニング店に2度出して落ちず、あきらめていたお品物でした。
  • 表地の汚れが目立つ部分は、職人による丁寧な手仕事でキレイにいたします。
    高級クリーニング店で2度落ちなかった汚れが、このとおりキレイになりました。

汗の蓄積はドライクリーニングでは落ちません。
機械だけに頼るウエットクリーニングでも完全に落とすことはできません。
職人が状態を見極め、手作業で汚れを落とすから、他とは仕上がりの美しさが違います。
中のダウンもしっかりと洗浄し、羽がふんわりするよう乾燥させるので
キレイでふわっふわに仕上がります。

ダウン 

  • ビフォー
  • アフター
  • 一度ご近所のクリーニング店に出されたお品物。
    クリーニングタグが付いたまま送られてきました。
    ハイブランドのダウンがペシャンコで、襟もとや身ごろに白く汚れが浮いていました。
  • 黒の光沢がよみがえりました!
    襟もとや身ごろに白く浮いていた汚れもきれいにさっぱりしています。
    羽毛も中からしっかりと洗浄を行い、しっかり乾燥させているので、羽毛一つひとつが空気をふくみ、ふっくらふわふわに仕上がっています。

ダウンはドライクリーニングではキレイにすることができません。
繊維の中、羽毛の中からしっかり洗浄すること、しっかり乾燥させることがポイントです。
技術者による手作業で襟やそで、裾についてしまう黒い汚れもすっきりキレイにいたします。

トレンチコート 全体の汚れ

  • ビフォー
  • アフター
  • 白っぽいトレンチコート。着用時の摩擦などで、全体にうっすらと汚れがございました。
    結構着ているし、もう汚れが落ちないかもしれませんが・・・とメッセージを添えてくださいました。
  • 全体に広がっていた汚れはスッキリとキレイになりました。
    くすんだ印象だったコートが、ツヤやかに本来の色を取戻しました。

繊維の中からしっかりと洗浄し、色がさえるよう技術を施していますので本来の発色を取り戻します。次のシーズンも楽しんでいただけそうです。

コート 袖内側の汚れ

  • ビフォー
  • アフター
  • コートの袖内側の汚れが気になるお品物です。
    お召になれてから時間が経っていたようです。
  • 繊維の中からしっかりと洗浄し、すっきりと汚れを取り除きました。
    落としきれなかった汚れは、検品後、職人による丁寧なしみ抜き技術によりきれいにになりました。

手首は案外汗をかきます。袖口は摩擦も多い部分なので、気付かないうちに内側も汚れています。
汗の汚れはドライクリーニングのみでは落ち切らず、時間が経って黄ばみが発生する場合もあります。
衣替えなど保管する前に、しっかりとウエットクリーニングで汗の汚れも取り除いておくことが大切です。

パンツ裾 黒ずみ

  • ビフォー
  • アフター
  • 白いパンツの裾が黒く汚れていたお品物です。
    パンツの裾は摩擦による黒ずみが起きやすい部分。靴墨が付いてしまうこともあり、汚れが気になる部分です。
  • 洗浄の工程で、繊維の中からしっかりと汚れを取り除きます。
    取りきれなかった部分は、職人による丁寧なしみ抜きで、きれいにいたしました。

摩擦の多い裾は、繊維の奥に汚れが入り込んだり、生地が傷つくケースがあります。
ココロモは、洗浄でしっかりと汚れを落とした後、検品作業を行います。
検品で発見されたしみ、汚れは、職人による丁寧なしみ抜き技術により、きれい落とします。

ワインのしみもきれいになりました。

  • ビフォー
  • アフター
  • 白いパンツに赤ワインのしみを付けてしまいお困りでした。
    しみが付いてから時間の経っているようでしたが、できるかぎりしみ抜きいたしました。
  • 赤ワインのしみはキレイに落ちました。
    職人による丁寧なしみ抜きにより、時間のたったしみも完全に落とすことができました。

赤ワインは水溶性の汚れなので、ドライクリーニングだけでは落とすことができません。
しみ抜きの技術が求められます。
しみは時間が経つほど繊維の奥に入り込み、酸化し、定着してしまいます。
しみを付けてしまったら、できるだけ早くプロによるしみ抜きがおすすめです。

1 / 212