トレンチコート 襟の汗

  • ビフォー
  • アフター
  • 襟の汗じみが気になるトレンチコート。
    春はストールをせず、コートの襟が直接首にあたるので、すぐに汚れてしまいます。
    コートの色が薄いので、抜いだときに気になる・・とのお客様。
  • スッキリとキレイになりました。

れが定着する前にクリーニングすれば、職人の手作業をしなくても、汗抜き洗浄のみでキレイになります。
汗抜き洗浄なら生地のダメージも少ないので、キレイに着続けることができます。

ジャケット 脇汗

  • ビフォー
  • アフター
  • 汗の染みが白く浮き上がっているお品物です。
    脇は汗をかきやすい部分。
    濃色なので汗の残留が白く目立ってしまい、人前に出るときに気になるます。
  • お素材が特徴的で、しっかりとした生地ですが、伸縮性がありしなやかなジャケットです。
    お素材の良さを失いわないよう、細心の注意を払い、職人の目利きと熟練された技術で繊維の中からしっかりと汗抜きをいたしました。
    汗はスッキリときれいに落ちています。

発汗の多い脇はどうしても汗がにじみます。冬でも1リットルかくといわれる汗。
汗はそのままにすると、酸化して、脱色の原因になるので注意が必要です。
ジャケットは定期的な汗のお手入れがおすすめです。

スパンコールのドレス

  • ビフォー
  • アフター
  • スパンコールが上下にふんだんに使われたドレス。お素材はシルクでした。
    パーティーでお召しになら、クリーニング店にお願いしたら断られてしまい大変お困りでした。
    スパンコールが外れてしまうのを心配され、とても大切なドレスなのが伝わりました。
  • とても繊細なドレスですので、職人が細心の注意をはらいお手入れいたしました。
    スパンコールは少しの衝撃で外れてしまうので、とにかくやすしくやさしく扱いました。
    室内での着用とはいえ、脇や襟の汗は黄ばみやしみが出やすい部分。
    お素材もシルクですので手作業により丁寧に丁寧に対応いたしました。

ドレスは一度着ると次にいつ着るかわからないアイテムです。
汚れているわけではないから、とクリーニングせずしまってしまうと、
黄ばみやしみが出てしまい危険です。こうなってしまうとプロでも落とせない汚れになるからです。
特にドレスはスパンコールやビジューが付いていたり、お素材もシルクやレーヨンなど繊細にできています。
ココロモならドレスの特徴に合わせ、お手入れできます。

セーターのしみ抜き

  • ビフォー
  • アフター
  • セーターの汗じみが目立っています。
  • しみ抜きに対応しました。

ジャケットの汗じみ

  • ビフォー
  • アフター
  • 汗じみが黄ばみとして残っています。
  • 「汗抜き洗浄」ですっきり落ちました。
1 / 11