クリーニングしても 汗汚れが落ちずに 戻ってきました。

ココロモなら、汗じみもすっきり落とします。

一般的なドライクリーニングは、油性汚れに効果を発揮しますが、汗のような水性汚れの除去には効果を発揮しきれません(汗は、皮膚の汗腺から分泌する液体であり、99%が水です)。蓄積された水溶性の汚れは、紫外線や温度・湿度の制御により変色していきます。

そんな汗の汚れはココロモにお任せください。ココロモは、「水溶性と油溶性」両方の汚れを落とします。お品物によっては、熟練のクリーニング師の目利きにより前処理剤を使用。あるいはドライクリーニングをし、さらにしみ抜き後、汗抜きいたします。

冬物衣料に汗じみが ついてしまいました。

ココロモなら、冬物でも汗をかいている前提でお手入れします。

そうなんです。冬でも汗をかくんです。
寒い日に飛び乗った電車が暑かった。または、様々なビジネスシーンで緊張やストレスを感じたなど、汗をかいた冬物衣料のお手入れも可能です。
変色する前のお手入れがお勧めです。

ビーズ、スパンコールの 付いた洋服のクリーニング を断られてしまった。

ココロモなら、デリケート素材もお受けいたします。

装飾品がついたお洋服も、その特性を見極め、適したクリーニングメニューで対応することが可能です。
熱による変形や破損を防ぐため、専用保護カバーや専用ネットの使用や、スイング洗い、自然乾燥に近い温度での乾燥などにより、装飾品へのダメージをなくします。また、顔料を用いた装飾品の着色の場合、ウェットクリーニングにより色の消失がないように対応します。

クリーニングに出しても しみが取れていません。

ココロモなら、1か所1か所、丁寧にしみ抜き対応します。

お申し込みの際に、お客様からお申し出があった場合はもちろん、検品時にしみを見つけると、印をつけて後工程に回します。しみ抜きの工程では、独自開発したしみ抜き剤を使用し、1か所1か所、丁寧に対応しています。
落ちにくいファンデーションの汚れも、しみ抜き処理を施して落とすことが可能です。

ただし、変色や生地を傷めてしまう恐れのあるお品物は、ご期待に添えない場合もございます。

衣類の取扱い絵表示で、 ×がついている。

ココロモなら、 お洋服の特性を見極め、ベストなお手入れをします。

クリーニング絵表示で、ドライ・水洗いが×の場合は、クリーニングすることでお洋服に何らかの影響を及ぼします。
そうしたお洋服の場合、ココロモでは「特殊洗浄」をおすすめしています。クリーニングの資格を持つプロが、お洋服の特性を見極めベストなお手入れを行います。

黒いコートが 白っぽくなってきた。

ココロモなら、色が冴えるお手入れをします。

黒のコートが白くなったのは、白化現象のせいかもしれません。これは、着用中の摩耗により毛羽立ちが発生し、生地表面の光の反射が変化し、繊維内部の染料が行き渡っていない白い部分が露出するなどして、白く見える現象のことです。
ココロモのクリーニングは、繊維1本1本にシリコーン剤配合の加工剤を使用しています。着用中の摩擦などにより、繊維が裂けることで起きる毛羽立ちや弱くなっている染色の脱落を軽減し、繊維にハリとしなやかさを与え、色が冴えるように努めています。

1 / 11